Welcome to my blog

虹と猫とイタリアと私

イタリア人の夫&娘二人に囲まれて、イタリアでエンジョイ方法を模索しながら生活中♪

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 イタリア首相ベルちゃん

先日、イタリアのアブルッツォという地域で地震がありましたが、
私達が住んでいるところは地域が違うので何も被害はありませんでした。

ご心配してメールをくれた方々、安心してくださいね


ところで、この一件に関して、
イタリア首相のベルルスコーニの失言がまたもやあったようです。
(下に載せてます

検索してみると日本でもニュースになっているみたいで・・・

彼は失言数が凄いことでも有名ですが、
ここまで繰り返されると可愛く思えてくるから不思議(笑)

興味半分にベルルスコーニについて検索してみましたので、
以下にその一部を載せたいと思います。


ベルルスコーニのキャリアは、ミラノの学生バンドのバックコーラスの一員から始まり、それから手がけたのが不動産業。これに成功すると商業テレビ放送、出版、広告業に乗り出しました。その手口はもっぱら、法律の裏をかいくぐり、或いは政治家に近づいて法律を自分の有利な形に改めさせるというものでした。

ベルルスコーニはイタリアのメディア王であり、イタリア一の大金持ちです。
彼は自分が所有している三つのテレビチャンネルと数紙の新聞を自らの政治目的達成のために全面的に利用して恥じるところがない
(イタリアメディアの7割が彼のものと言っても過言ではありません)

彼はこのメディアの力とカネの力で自分に刃向かう可能性のある勢力や、気骨のある人物を次々に辞任に追い込むことによって骨抜きにしてきた。そしてついには、刑事訴追されない「権利」まで獲得し(←自分で作ってしまった)、自らを法の上に置いた。
 既に再選されているベルルスコーニが三選されるようなことがあれば、イタリアの民主主義は修復不可能な傷を負うことになるだろう。(去年三選しちゃいました^^;)

防衛省OB太田述正アングロサクソン文明と軍事研究ブログより

これらはベルちゃんの人物像ですが、
ここから、今までの失言をピックアップしてみたいと思います。

2005年、フィンランドのスモークトナカイについて、
「パルマ産のハムのほうが比べ物にならないほど美味い」と発言し、フィンランド人を怒らせた。

2008年、「オバマ氏は若くてよく日焼けしていてカッコいいね」という発言をして、
人種差別発言だと非難される。

2008年、フランスのニコラ・サルコジ大統領夫人のカーラ・ブルーニがイタリア系である事を挙げ、サルコジに対し「あなたの妻は私があげた」と発言した。

2009年、イタリアで多発するレイプ事件に関する対策を議会から求められたとき
『イタリアには可愛らしい女の子がたくさんいるから、レイプをなくすことは無理だ。』と発言した。

今月始めに行われたG20金融サミットにて、
「ミスターオバマ~!」と大きな声で発したベルルスコーニに対し、
エリザベス女王が「なんで叫ばないといけないの?」と迷惑顔・・・の様子です↓


アブルッツォ地震の被災者が暮らすテントを訪れた際、
子どもたちに「テントで暮らすのはキャンプに行くようなもの」と発言。


こんなんで3回も首相に選ばれるベルちゃんって・・・・。

みんなベルちゃんの事を良く言わないけれど、
選挙のときになると外では非難しているにもかかわらず投票しちゃう人が多いって事なんだよね・・・。

なんで????

- 5 Comments

yasko  

そうだそうだ!

こんなおばかにいったい誰が投票するのか、どうして当選しちゃうのかまったくもって謎です。
今日のニュースでも、被災者に自分の家のいくつかを提供すると言ったと報道されていますが、誰が信じるかっての。
合同葬儀で涙をぬぐう仕草をしつこいぐらい見せていましたが、なんか、しらじらしいんだなぁ。
でも、ボッシよりはマシ?!

2009/04/11 (Sat) 05:40 | EDIT | REPLY |   

ホズミ  

★yaskoさん

ですよね~。
私も不思議なんですよ、ベルルスコーニの当選。

いつも”法”の裏を動き回る人だから、この投票にも何か『訳』がありそうだと思うのです。

ウチのマリオいわく「ボッシは、こういうバカな事は言わないからボッシのほうが良い」らしいです(笑)

ボッシって、南イタリアを別の国として切り離したい人ですよね?

日本でそういうことを言う人がいれば皆に嫌われそうですが、イタリアではちょっと歓迎されているみたいなところがあって、なんだかビックリしちゃいました。

2009/04/11 (Sat) 21:50 | EDIT | REPLY |   

がっちゃん  

ベルルスコーニ

いやぁーーーなんだかんだ言って応援する人多いですよ。
なんていうかね、知識層っていうとこれも差別になっちゃうけれどある程度のインテリ層の人は、彼の公約のうそ臭さを見抜くからか、ほとんどが反対だけれど、労働者層には人気です。
それに、なんていうか、じゃ、ベルルスコーニ以外なら誰がいいの?って言ったとき他にいない。って感じ。
まさに今の日本と同じですね。
それにしてもこの人って、自分が失言をした。って言う意識がないんだと思います。
軽いジョークなのに、そんなのも解らないバカなやつら。と思ってるから繰り返すんじゃないでしょうか。日本の森元首相みたい。

2009/04/13 (Mon) 11:25 | EDIT | REPLY |   

emi  

こんばんは~ホズミさん
このビデオのと、オバマ大統領の大失言、それからカーラブルーニの話は知ってました。
それ以外の失言は知りませんでしたが、ベルルスカの発言聞いてる方があきれます。
ってか本来実業家が政治統制するっていうのが良くないと思ってます。
陽気な典型的なイタリア人ぶりを発揮して、ジョークも悪くないけど、でも国際舞台なわけだし、場所をもう少し弁えて欲しいもんです。周りがドンビキするだけだけです。

2009/04/14 (Tue) 04:54 | EDIT | REPLY |   

ホズミ  

★がっちゃんさん

私も、ベルルスコーニに”失言をした”という意識が無いんだと思ってます。

仮にも国を代表する首相なのですから、言葉の重みを知って欲しいところです^^;
これだけ何度もバッシングされておいて尚、続ける失態に”恥ずかしい”という考えが無いんでしょうね~。

ま、でもベルルスコーニという強烈なキャラを超える首相って見てみたいものです(笑)

★emiさん

そうそう!
イタリアンジョークなのかもしれないけれど、真面目な席でそれを発するのは辞めたほうがいいよね^^;

あ・・・でも、ベルルスコーニってば、emiさんの好きなミランのオーナーじゃないですか(笑)

あわわ・・・私、失礼な事書いちゃいましたかね^^;
ごめんなさい~~>_<

2009/04/15 (Wed) 21:31 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。