Welcome to my blog

虹と猫とイタリアと私

イタリア人の夫&娘二人に囲まれて、イタリアでエンジョイ方法を模索しながら生活中♪

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 プラハ編(1)

前回の記事で、「写真が多くて良かった~」という内容のコメントを頂いたので、
プラハ編でも調子に乗って写真を多く掲載したいと思います

なので、前編後編と分かれますがご了承願います~!

さて、ウィーンからプラハへ向かう道は高速で直接繋がっているわけではなく、
いくつもの村を越えてようやく高速に入る事が出来ますが、
ウィーン~プラハ間の5時間の内、たったの90分程度が高速です

で、国境を越えチェコ共和国に入ったとたん、
『ナイトクラブ』を謳った、セクシーな女性が書いてある看板を多く目にしました

ここら辺って、”そういう”地域としては有名らしく、
夜は何処から見ても「娼婦街」の雰囲気になるんだろうな~なんて思いました。

先ほども書きましたが、プラハまでの移動の間に沢山の村を通るんですが、
見渡す限りの菜の花畑が延々と続いており、ビックリ
オーストリア~チェコまで続いていたといっても過言じゃないくらいです。

これは収穫するためのものなのか、タダの花なのか・・・・↓↓

nano.jpg

・・・という疑問を抱えつつ、プラハに到着!

プラハの町は近代的な建物が多く、ちょっと意外でした。

あと、気温が7度というのもビックリ

一応、チェコの寒さ対策の為に冬用の洋服を持っていってたけれど、
冬は普通にマイナス20度とかになるらしく、
まだ全然町を歩いてないのに「異国に来た」って感じがしました。

ホテルは3つ★だったけれど、おしゃれな内装&床暖房入りでしたよ↓
pra21.jpg

この日は夕方に到着したので、
ブラブラと↓の建物を目指して地図片手に歩き出したのですが、
地図上では時間が掛かると思われたものの、中心部から徒歩20分くらいしか掛からず、当初はプラハで路面電車を使おうと考えていた私達は、プラハも徒歩で散策可能だという事に気づき、旅費節約
pra29.jpg
↑市内中心部を流れるヴルタヴァ川(ドイツ語名モルダウ)沿いにあります!
・・・本当に変な形の建物でしょう??

2時間くらい散策してお腹がすいた私達は、チェコ料理店に入りました!
夜も7時台だったにも関わらず、店内ガラガラ

こっちの人は8時、9時くらいから夕食開始なんでしょうね、きっと。

チェコの人に紛れて食事をするのもいいな~と思ってましたが、
今回私達は悪戯っ子”サユリ”を連れていたので、
かえってガラガラの時間帯を選んでよかったです

各テーブルには↓の”プレッツェル”と呼ばれる、
ちょっと塩味の効いたカリッポリッ触感のパン(?)が置いてあります。
イタリアにもありますが、こんなに大きくないです。

私とマリオ・・・『タダ』と思ったんだけど、1つ2ユーロでした^^;
(会計時にウェイターが幾つなくなっているかを数えます)
prad3.jpg

私とマリオが頼んだ料理は↓ですが、料理名を忘れちゃいました^^;
たしか、(上)マリオが羊肉で、(下)私が牛肉をチョイス!
マリオのお皿には、生クリームとブルーベリーソースが添えてあって、
お皿に盛られているパンをそのソースで食べたマリオは、
「止められない~~~と言ってましたっけ。
prad1.jpg

↓私のお皿に盛られている丸い料理は、
たぶん、蒸かしたジャガイモと片栗粉を混ぜて塩コショウで味付けされたもの?
家でも作れますので、皆さんもどうぞ
prad2.jpg

肝心の味ですが、普通に美味しかったです!
そういや、頼んだミネラルウォーターはイタリア産でした(笑)

で、翌日はプラハ城を見るために散策開始!

↓コレは、旧市庁舎前の広場

後ろに見える2つの塔を持つ建物をマリオは「魔女の家みたい」と言ってました。
・・・なんてメルヘンな男(笑)
pra1-1.jpg

↓旧市庁舎の天文時計
からくり時計になっているのですが、何時に見られるのか分からず
pra1_20090520005552.jpg

↓ヨーロッパに現存する最古の石橋。(カレル橋)現在片側半分工事中。
橋の欄干には15体ずつ、合計30体の彫刻が並んでいました。
pra3_20090520005552.jpg

カレル橋の終わりの門に差し迫ったとき(↓)、
「おとぎの世界へ行くみたい」と、私もメルヘンチックな思想になりましたっけ

プラハ・・・。人をファンタジーの世界へ誘う町です(笑)
pra2_20090520005552.jpg

いざ、プラハ城のある翡翠色の塔を目指して出発!
(かなり急な坂で、乳母車を押すのは大変でした。サユリ、歩け~
pra4_20090520005552.jpg

↓プラハ城からの眺め
赤レンガの並ぶ町並みは、なんとなくフィレンツェを想像させます。
pra5_20090520005552.jpg

↓プラハ城に入る前の門の像・・・なんか怖いシーンですよね^^;
pra6.jpg

↓聖ヴィート大聖堂
プラハ城の内側に位置し、多くのボヘミア王の墓を有します。
この大聖堂はゴシック建築の代表例で、チェコで最も大きくて重要な教会です。
pra7.jpg

↓上記教会のバラ窓

中に入るには長蛇の列だった為、外から眺めるだけでしたが満足しました。
bara_20090520221331.jpg

天気が悪くて、黒っぽい建物の多いプラハの印象が暗いです^^;

このまま後編に続きます~!
では、後ほど!

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。