Welcome to my blog

虹と猫とイタリアと私

イタリア人の夫&娘二人に囲まれて、イタリアでエンジョイ方法を模索しながら生活中♪

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 子連れでバルセロナ④

遅くなりましたが、バルセロナ旅行記2日目前半です。
いつものごとく、写真多様です~。
(一日目前半レポはコチラ)
(一日目後半レポはコチラ)

(旅のルートが見たい方は下のマップをクリックして拡大表示してください。
赤い数字が1日目、青い数字が2日目のルートです)

barce.jpg

↓2日目、最初の目的はサン・パウ病院(★★★)
病院なのに、教会みたいな建物。

日曜日だったからかどうかは分かりませんが正門が閉まっていました!
開いてたら少しだけ中を見てみようかなって思ってましたが断念。
(あくまでも病院なので、静かに見学しなければいけません)

中はステンドグラスや彫刻などがあり、
”芸術で病気を治そう”と建てられたのだそうです。
DSC02057.jpg

↓①グエル公園(★★★★)
サンパウ寺院から少し歩いたバスの停留所から9番バスに乗って行きます。
9時過ぎに到着したので結構ガラガラ
(駅から沢山歩くので、地下鉄より、公園中腹に止まるバス移動がおススメ
ここも、サグラダファミリアと同じ建築家のガウディ作品の公園
DSC02087.jpg
お昼近くに来ると、写真スポットのココは超順番待ち状態で大変らしいです。
それを知っていたのでスケジュールを朝に組み込んで正解でした!
この写真のサユリの顔が凄いこと(笑)!!!

少し上るとこの眺めです。ケーキの家みたいでカワイイ建物が両脇にあります。
朝、このポイントは太陽の関係で逆光気味です・・・^^;
DSC02070.jpg

だから反対側を撮影するとこんなにキレイ(笑)
写真中央の椰子の木の奥ではピクニックができます!
食べ物を持ち込んでランチとかイイですね!!

この広場の外側はずっと繋がったクネクネベンチになっていて素敵でした。
「変な公園」ではあるけれど、それが味となって大人でも楽しめます

日本人観光客が居たので、お願いして家族3人の写真を撮ってもらいました
有名観光地って、絶対日本人が居るから嬉しくなります(笑)
DSC02072.jpg

↓さきほどのクネクネベンチにあるモザイクもこんな感じです
DSC02092.jpg

↓クネクネベンチのある広場の下は沢山の柱があります。
私とサユリとマリオで(疲れるほど)かくれんぼをしました。
ここから脱出する為のサユリへの嘘が心痛かったです(汗)
人が少ない+広いので子連れでは穴場スポットかもしれませんね

ここの天井にあるガウディーモザイクも大きくて素敵でしたよ~
DSC02108.jpg

↓最初の広場と、先ほどの柱を結ぶ階段の横に不思議な回廊(?)
写真を撮ると、”ぐんにゃり”とした面白い構図
DSC02102.jpg

↓②カサ・ミラ(★★★)中に入ってたら評価が変わりそう
グエル公園から26番バスを使ってメインストリートの端で下車。
少し歩くと、これまたガウディー作品です。
現在も使われているアパートです。やっぱりヘンテコでクネクネしてますね(笑)

建物の色が地味だからか、こんなにヘンテコでも周りの建物の色と馴染んで
ヘタすれば見逃していたかも・・・ってくらいでした(笑)
中に入って屋上も行けますが・・・今回は外側だけ堪能しました。
DSC02114.jpg

↓③カサ・バトリョ(★★★★)中に入ったら★5になりそう!
メインストリートにそってブラブラと歩いている途中、
サユリが「疲れた、抱っことうるさかったので、
「あの横断歩道を渡ったら抱っこするよと言って渡りきったところにありました!
サユリに注意が行き過ぎて、コチラもヘタしたら見逃していました(汗)

・・・言わなくても、もう誰作品だか分かりますよね(笑) ガウディーです!
”骸骨”に見えなくもないバルコニーは”仮面”を表現しています。
壁面はとってもカラフルなのに、やっぱり周りと馴染んでるんですよね。不思議。

あ、こちらも現在普通にアパートとして使われてるんです。すごい贅沢!

窓枠が丸くて、ユラユラ~な感じが私は好きでした
窓越しに見るステンドグラスの眺めはさぞキレイでしょうね~。
DSC02117.jpg

違う角度から!

こちらも中に入れますが、サユがもう少し大きくなって見学したいと思います(笑)

ちなみに・・・マリオがこの建物を一目見て、「すっごく変!全然感動できない」
と、1人で怒ってました(笑)その割りに、撮ってた数が多いんだけど・・・(笑)?
ま、美術の価値は人それぞれなので、マリオの意見も尊重しますけど、
その批評をFaceBookで発表したら周りからすごい叩かれてました(笑)
DSC02118.jpg

↓④「Costa Gallega」(★★★★)
お腹も空いてきたので少し道を戻って、決めていたレストランへ!
前もってネットで見ていた通り、生ハムぶら下がりすぎです(笑)
ココでスペイン料理を堪能したいと思います。
DSC02149.jpg

食事をしたい旨を伝えると奥に通されました。
私たちが入ったのは12時近くだったので席は十分残ってましたが、
帰る頃・・・14時近くは満席(地下も)に!日本人は私くらいでしたっけ。
DSC02141.jpg

<ここからは、あくまで私の味評価です(笑)>

●ガスパチョ(トマトのトマトの冷製スープ) ★★★★
上の写真のオレンジジュースみたいなのがガスパチョ。
赤ワイングラスにたっぷり注がれ、生ハムと出てきました。
これにクルトン、玉ねぎ、パプリカ刻みが小皿で付いてきて、好みによって投入!

私的には半量で良かったかも
多いし冷たいし、コレだけでお腹いっぱいになるし(汗)
味は、トマトの酸っぱさと酢の酸っぱさ&玉ねぎ、パプリカの苦味がそれぞれちゃんと感じられてサッパリな感じ。
これで8ユーロより半量で4ユーロの方が気軽に飲めるかなぁ。

●イベリコ豚の生ハム ★★★★ 
イタリアでも生ハムは頻繁に食べているので味比べが簡単にできると思いきや、
さすがにイタリアの生ハムも有名で美味しいので、正直どっちが上とは決められなかった。
しいて言えば、柔らかさ。イベリコ豚はいつも食べているイタリア製よりやや固め。

正直、”味”で言えば、どちらも大差なかった。普通に美味しかったです!
2人分くらいあって22ユーロでした。
いつも食べている生ハムの値段と味を考えると高いかなと思います。

●トマトソースが塗られたパン ★★★
「パンは食べる?」と聞かれて、「うん」と答えたら、トマトソース付きのが出てきた。
何も塗られてないパンが出てくると思っていたので驚いた。

イタリアでトマトソースのパンといったらニンニクが効いたブルスケッタなので、
それを無意識のうちに想像していたからか、味が薄すぎて…

素材の味を生かしているとは思うけど、もう少し塩気が欲しかったかなぁ。
自分で塩をお願いすれば良かったかも、と今になって思うのでした
DSC02138.jpg

●イカ墨リゾット ★★★★★
普段、魚介類を食べないマリオが美味しいといって沢山食べた料理!
塩辛くなく、コクがあって甘めの味付けでとても満足、満足
もう一度食べてみたいなぁ
(2人分で28ユーロ)
DSC02142.jpg

店員も皆親切、気配りもあり、会計も明瞭で大変良かったです

メインストリート沿いなので、道を外れたお店より若干高いかもしれないけれど、
子連れでも広々、バルセロナにしては早めに開いていて人気もあるし、
イカ墨リゾットだけでも食べに行く価値があると思いました(私的にね)。

では、今度は2日目後半で!!!
お付き合い、アリガトウございました

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。